トイレ水漏れが起きたらどうする?【応急処置をして業者へ連絡】
ロゴ

Excellent-Repairing

様々な問題に発展するトイレ水漏れを防ぐために

トイレ水漏れが起きたらどうする?【応急処置をして業者へ連絡】

便座

トイレ水漏れとは?

タンクをつなぐ配管やトイレ本体、床や壁などから水が漏れる、水が止まらないなどの状況が「トイレ水漏れ」にあたります。原因の大部分が「部品の経年劣化」で、該当する部分の部品を新しいものと交換することで解消するでしょう。トイレから水が漏れている場合は、まず「どこから漏れているのか」原因究明を行う必要があります。

寒冷地のトイレは要注意!

寒冷地のトイレトラブルで多いものがトイレの水の「凍結」です。特に配管が凍結して破裂してしまうと、重大な水漏れ事故につながりかねません。暖房などでトイレ空間を温めたり、水抜きを行なったりするなどの対策が必要です。寒冷地に住んでいて最高気温が氷点下の日や冷え込みが厳しくなりそうな日は特に注意しましょう。

水漏れを放置することで起こる問題

床へのトイレ水漏れは放置すると衛生的に良くないばかりか、水の量によっては下の階に被害が出ることも考えられます。また、フロートや止水栓などの故障によるトイレタンクの水漏れでは、水が常に流れている状態になります。常に流れているとなると、水道代もかさむことになるでしょう。水漏れは放置せず、なるべく早めに対処するのが得策です。

業者が到着するまでの応急処置方法

トイレ水漏れは、場合によってはすぐ対処しないとすぐ水浸しになってしまう恐れがあります。「業者が来るまで待てない」という場合は、まず水道の元栓を締めて、これ以上の水漏れの被害拡大を防ぎましょう。突然のことで慌ててしまうのは分かりますが、業者に状況を正確に伝えるためにも、まずは落ち着いて対応することが大切です。

広告募集中